« あれから~ のつづき | トップページ | つづき »

それから

最大級の台風の接近だそうです。
大きな被害が出ないことを願います。

しつこくドイツ旅行記。
ネルトリンゲンからローテンブルグに戻って。
シュネーパルという、名物お菓子を購入。
細長い生地をボール状にして揚げた、柔らかいかりんとうのようなもの。
さっくりしてて美味しかったです。
お土産にすると、手荷物にして大事に持ってこないといけないということで断念。

ローテンブルグは本当に静かで良いところで、何度でも行きたいです。
家族にも体験させてみたくって。

冷静に考えると家族全員はいろんな面で大変ですけど。へへっ。

ローテンブルグのホテルを出で、一路アウグスブルグへ。
アウグスブルグのことはあまり予習してなかったんですが、素敵なところでした。

20160604_115317

絵になる荷車付き自転車。
オブジェではなくて、現役で使用されています。
アンティークっぽくて街に合います。
Dsc_0619

赤茶の建物。
有名なモーツアルトハウス。
何でか?というとモーツアルトのお父様の生まれ家なんだそうで。
中を見るのには有料ですが、中庭を特別無料で見せてくださいました。
小さなお庭でしたが美しいお庭でした。

基本、ドイツは庭が綺麗。
花もいっぱい飾られています。
マンションのベランダもきれいに飾られています。
美意識が高いと思いました。
Dsc_0629

アウグスブルグ大聖堂のステンドグラスは、ドイツ最古のもの。
1140年に作られたものなんだそうです。
とても細かいモザイクでした。

Dsc_0626

これも1000年以上前のものかも。

Dsc_0627
とても美しいフェンス。

Dsc_0639    

Dsc_0655

天井のアーチがなんとも。
もしかしたら天井フェチかも。

Dsc_0640

カーブが美しい
Dsc_0642

一枚一枚ストーリーがあるので、見るのに時間が必要です。

Dsc_0663

とても広い大聖堂を出るとそこに松かさのオブジェ
松かさは、繁栄の象徴だそうでアウグスブルグのシンボルだそうです。
この広場には、古代ローマ時代の遺跡もあったりして。

Dsc_0669

時間がなくて、詳しくは聞かなかったけど、遺跡

Dsc_06761

自転車の人が多かったです。
また、絵になります。

Dsc_0683

路面電車の線路

歩道と車道の差がないんです。
なので、広く感じます。

Dsc_0702

アウグスブルグで有名な場所の一つ。
「フッゲライ」または「フッガーライ」

お金持ちのフッガー家が貧しい人のためにと建てたおそらく世界最古の福祉文化住宅。
家賃は現在も1年間に200円!!!

ウィキペディア先生によると。
【入居対象者はアウクスブルク出身者か、そうでない場合でもアウクスブルクの何らかの共同体から身内として認められている人間で、敬虔なカトリックであり、勤勉であるにもかかわらず貧しい、家族持ちか寡婦とされた。一般に貧しい職人もしくは日雇いの者が入居した。】

建てられた当初の部屋と、現在の部屋を見せていただきました。
現在の部屋、広くはないけどコンパクトで過ごしやすいモダンなお部屋でした。
庭もあって、花もいっぱい。

高齢者が多いそうで、噴水の近くのベンチで沢山のご老人がゆったり過ごしておられました。
若いシングルマザーと思われる赤ちゃん連れた方も。

カトリック教会がありまして、一日に何回かは祈ることが決まりなんだそうです。
門限もあって、門は施錠されるんだそうです。
セキュリティーもしっかりしています。

Dsc_0695

20160604_142915

お洒落~

Dsc_0690

教会内。こぢんまりとしています。

Dsc_0697

全部こんな感じ。

Dsc_0698

守り神かな?

Dsc_0704

市庁舎の前の広場。
ドイツ語以外の表示が。

それよりこの噴水、突っ込みどころ満載で…。

Dsc_0709

路面電車。低床で優しいですね。

今まで何も知らなかったアウグスブルグ。
勉強になりました。
ここものんびり歩き回るのには良いところでした。

20160604_132410

ハンバーグサイズのミートボール。
食べたり。

20160604_134729

こんなに食べられない!って言いながら完食しちゃったり。
素敵な場所でした。

アウグスブルグから、最終宿泊地のミュンヘンへ。








|

« あれから~ のつづき | トップページ | つづき »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/67241989

この記事へのトラックバック一覧です: それから:

« あれから~ のつづき | トップページ | つづき »