« 注意 | トップページ | それから »

あれから~ のつづき

ニュルンベルグからネルトリンゲンへ。

ネルトリンゲンは、1500万年前に隕石が落ちたクレーターにできた町。

01d5c6ee_2
(ネットからお借りした写真)

ここも、城壁に囲まれた丸い町でした。
牧歌的な環境の中にぽこっりある町です。

Dsc_0573

レプシンガー門

Dsc_0576

町のシンボルのブタ

Dsc_0579

コウノトリと巣を発見。
暖炉の煙突に巣がある模様
子育て中だったのかもしれない。

Dsc_0580

市庁舎の外階段。
1382年から市庁舎として使われているそうで…。
建物はそれ以前のものだというからすごいですよね。

隕石が衝突した際、瞬間的に超高温、超高圧にさらされた地表の岩石が変化したスーバイトという素材で造られた建物が多いそうです。
だから残っているのかもしれません。

Dsc_0582

聖ゲオルグ教会(たぶん…)
とても明るくてシンプルで細工の美しい教会でした。
教会のゲオルグの塔が有名らしく、登ることができますが、当然階段ですから、私たちはパス。
塔を上るのが大好きなYご夫婦は、ダッシュで。(笑)
きっと素敵な写真撮られたんだと思います。

Dsc_0585

Dsc_0588

パイプオルガンが魅力的。
当たり前ですが、普通に信者の皆さんが集う場所。
どれだけ、宗教が身近にあるのかを感じました。

Dsc_0594

細部にもこだわり。
午前中に行った、ニュルンベルグと違って静かな感じがしました。

ローテンブルグで朝の散歩してて、城壁で降りるところが遠くて集合時間に遅れかけて…。
って、遅れていました。
これ以上待たせても申し訳ないので、トイレだけ済ませて。
傘と上着を部屋に取りに行けなくて、ローテンブルグは晴れていたのに、ニュルンベルグもネルトリンゲンも雨。
寒い!
ローテンブルグいいお天気で散歩してたぐらいだから、上着持ってないもんね。

ツアーでご一緒の私たちの次に若いご夫婦がウィンドブレーカーをふたりに貸してくださり助かりました。
ネルトリンゲンでスーパーに突撃して、折り畳み傘を購入。
これが、セールでめっちゃ安くて。
ついでにマッハでお菓子買いあさり。

傘買って喜んでさしていました。
が、なんとあっという間に雨やみました。(笑)
皆さんに笑われました。

Dsc_0607

場所が判りませんが、ネルトリンゲンからローテンブルグへ帰る途中のロマンティック街道のはずれ。
たまたまバスの運転手がこの周辺の方で、とても道路に詳しく普通の観光バスの運転手が通らないところを通ってくれて、案内してくれました。
この塔は、「三位一体の塔」とか。
普通では絶対見られない知る人ぞ知るものなんだそうで。
かつて、疫病が流行った時に、食い止めて村を守った記念に建てられたとか。
ちゃんと説明聞いていなかった訳ではないけど・・・記憶は薄れるもの…。

お願いしたわけではないのに交通量も少なかったので、路肩に大型バス止めてくれて。
「写真撮っておいで!」って。
みんな、だーっと降りて、カシャカシャと大急ぎで。

思わず、運転手さんに「グッジョブ♪」って。
運転手さん、ニュルンベルグでもネルトリンゲンでもよく知ってるから、融通が利いてバス降りて一緒に案内もしてくれました。
とても良い方でして、バスの中でもいろいろ話して案内してくれました。(といってもドイツ語だったりするから、ツアコンさんが訳してくれて)
ツアコンさんもめったに無いと喜んでおられました。
なんせ、ケルンの時の運転手が酷かったから…。

とても、良い一日に。
沢山歩いた~
13.842Km



|

« 注意 | トップページ | それから »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/67195292

この記事へのトラックバック一覧です: あれから~ のつづき:

« 注意 | トップページ | それから »