« 贅沢な悩みなのか? | トップページ | 三日目 »

二日目続き

梅雨らしい蒸し暑い日です。
じっとしていると肌寒い。
動くと汗ばむ。

髪は湿気をたっぷり吸収してぼわんぼわん。
じっと我慢ですね。
九州方面、かなりの被害だと思います。
お気を付け下さい。

二日目続き

昼食後、バスは雨の中サンクトゴアからケルンへ向かいます。
距離はおよそ139キロ
アウトバーンを飛ばして約2時間
お昼寝を挟みつつ…が、添乗員さんのケルン予習のお話で眠れず。

雨は止まず。

Dsc_0153

目指すは大聖堂
凄い迫力です。

Dsc_0156

Dsc_0157

広さに驚きです。
Dsc_0160

ステンドグラスもうっとりしちゃいます。

Dsc_0163

Dsc_0164

Dsc_0196

Dsc_0173

床のモザイクも素敵でした。
いろんな国から人が集まってきていました。

ライン下りで横にいたイタリア人の団体さんに、遭遇。
とても陽気なオジサマで、私達より先のところで船から降りたのですが、「チャオ」と別れの挨拶をしてくれて、船が離れてからも川向うから手を振ってくれて。

その陽気なオジサマと大聖堂でバッタリ。
「Oh~♪」ととても喜んでくれました。
でも、聖堂の中では皆さん静粛に。
空気が違います。
クリスチャンでもカトリックでもないけれど、やはり神聖な場所は空気が違いますね。

とても手の込んだ創りの大聖堂に大感激。
ドイツ人の知人が「ドイツに来るのであればケルン大聖堂に行かないといけない!」って。
ケルン在住の人(もちろんイケメン)ですが、万が一会う事になっても、通訳のSさんがいないと会話成立しません。
偶然Sさんが、私達より二日遅れて岐阜県の仕事でドイツ入りしておられて。
SNSを通じでお互いの行路の確認してました。(笑)
Sさんは私達の後を追うカタチでしたので、大雨に遭うわで大変だったようです。

Dsc_0216

凄い迫力でした。
あちこち工事もしてて、維持も大変なんだと思います。
こんな立派な建造物を建てようとしたことも凄いです。
慌ただしくケルンを後にして、フランクフルトに戻ります。
約191キロ。

時間は2時間45分ほど。

で、途中でトイレ休憩も挟みつつ…。
これがね。
あの巨大デベソの運転手さんがトラブルをちょいちょいと。
彼が悪いのかもしれないけど、日本もそうですが日本よりドイツは労働時間についての管理が厳しい!
何時間走行したらどれだけ休みなさいとか。

止まると、会社に連絡して管理されるシステム。
私達の理由でトイレ休憩した時には、「まだ休む時間じゃない」とか言ってて、結局会社から「止まって休めと指令が来たから。」と、休憩したばかりなのに彼の為の休憩。
それでフランクフルトに戻る時間がどんどん遅くなって…。
夕食の予約をしたレストランに着くのも、大幅に遅れてしまいました。

みんな大人だから、お腹空いても文句言いません。
時差ぼけも引きずっているから、お腹が空いてるのかもよく判らない状況だったし。

Dsc_0219

ナイフで切れないめっちゃ固いロールキャベツでした…。
記憶に残る堅さ。
それはそれで、ネタになるなぁ~とか言いながらワイワイ楽しく食事していたら、問題発生。

運転手「僕は、今日の労働時間目いっぱい働いちゃった。だから、今帰らないと明日の仕事時間が、朝一からバスに乗れなくなるので、帰ります!」って言い残して私達も置いたまま帰って行きました。

私達「ぽか~~~ん」
歩いてホテルにいけないこともないけど、治安の問題もあるのでタクシーに分乗してホテルに帰りつきました。
が、一番最初に出た私達がみんなより遅れてホテル到着。
どうやら、中東からの移民らしい運転手が遠回りした模様。
おまけに、タクシーのメーターに表示された金額より多めにお金取られました・・・。
このタクシー代は、旅行社のお支払でしたけど。

なんで、みんなのトイレ休憩の時に休んでくれてれば…。
自分の時間の管理きちんとしててくれたら…。

と、ドイツの労働事情を目の当たりにした2日目はとっぷり暮れて行きました。





|

« 贅沢な悩みなのか? | トップページ | 三日目 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うどん星人

日本人の生真面目さは抜群だと思いますよ。
この時の運転手さんは外れでした。
ロマンチック街道の時の運転手さんは素晴らしい人でした。

投稿: うどん星人 | 2016年7月15日 (金) 10時29分

海外らしいトラブルですね。
時間とか予定とか約束事とか、あてが外れる話、良く聞きますね。
こんな話を聞くと、汚くても(顔が!)日本がいいわ(笑)

投稿: 木の葉 | 2016年7月14日 (木) 16時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/66261144

この記事へのトラックバック一覧です: 二日目続き:

« 贅沢な悩みなのか? | トップページ | 三日目 »