« 大暑 | トップページ | 初めての »

子供踊り

朝から重い雲です。

昼ごろには雨が降り出しました。
今は、陽がさしていますがところどころに黒い雲。
梅雨が明けても不安定さは相変わらずです。

夏休みに入って、子供たちもいろんなイベントがあるようです。
八幡町内では、昨夜は「子供踊りの夕べ」がありました。
この日は、屋形には「ジュニアお囃子クラブ」が音頭取りになって、お囃子を。
いつもの踊りはごったかえす大人の踊り手の中で、ちびっ子たちが踊りづらいってのもあるようで、子供たちのための踊りの夕べです。
みんなのびのびと踊れます。

我が家のちびっ子も、浴衣を着ていそいそ出かけて行きました。
踊り免許状を貰って帰ってきていました。
八幡町内の小学校や幼稚園で、運動会等で郡上踊りが演目になっていたりします。

みんな、踊れます。
孫も、歩けるようになったころから春駒を歌うと、踊る真似をして笑わせてました。
有名な「かわさき」はもちろん、「春駒」は小さい子たちも大好きです。
踊りの一つ一つに意味があって、田作業の様子だったり、「猫の子」はコミカルな猫のしぐさだったりします。

踊りは曲によってゆっくりだったり、アクティブだったり、いろんな踊りがあるので飽きずに徹夜で踊れるんでしょうね。
以前、どこかの大学の先生が分析しておられました。
理にかなっていると。

八幡の人たちの踊り好きなDNAが、小さな子供たちを通じて地域に残りますよう…。
私はもう、浴衣も着ていないし何年も踊ってないんですけどね。
自分で浴衣着られるか不安です。(笑)

|

« 大暑 | トップページ | 初めての »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

木の葉さん

約420年続いているらしいので、この先もずっと続きますよう…。

みんな大好きだと思います。
2歳の孫が「しちりょう~さんぶのはるこまはるこま~(七両三分の春駒春駒)~♪」って歌っていました。(笑)

判るようになったら、歌の意味を教えようと思います。

投稿: うどん星人 | 2014年7月30日 (水) 11時31分

こんにちは!

踊り多分皆さんが好きなのだと思います。
ただ、やってるかやらないかで雲泥の差ですよね。
地域でずっとずっと続いていくことを私も願っています!

投稿: 木の葉 | 2014年7月30日 (水) 10時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/56885348

この記事へのトラックバック一覧です: 子供踊り:

« 大暑 | トップページ | 初めての »