« ご褒美 | トップページ | 自己防衛中 »

水泉動

六十八候「水泉動」です。

「しみず あたたかを ふくむ」だそうです。

一年で一番寒い大寒に向かってるところだけど、目には見えなくても自然界は少しずつ春に向かって変化が起きている様って書いてありました。

昨日ちょうど、会社の花壇の枯草を抜いたりしてたら、球根から目(怖いよぉ~)じゃなくて芽が出てたり、グランドカバーの苔系の葉っぱが元気に広がっていました。

以前に飯田から来られた幼馴染のお母様が、ビオラ(パンジーの一種)なんかは、雪が降る前に地植えにして雪が降っても雪が被ったままの方が花には良いのよ~って。

自然は儚いけども、でも私たちが思うよりずっと逞しくもあるんですね。

沢山花が咲く春が待ち遠しいです。鼻は喜ばないけど…。

さっきもラジオのニュースで流れていましたが、大阪の高校生が部活の監督に日頃から体罰を受けていて、亡くなる前日も30-40回も殴られていたって。

熱血監督と言う人もいるようだけど、状況を見ていたわけでもない私はそれは暴力だとしか思えない。

それをカバーできなかった大人(学校関係者)たち。

体罰に気が付いたご両親が、命を救えなかったことを一生悔いながら生きて行かれるのは本当に胸が痛む。

教育委員会にも投書があったのに、問題なしとしてしまう仲間意識も問題かも。

生徒間のいじめでもあれほど、言われているのに。

大阪の事件は教師による身体的な暴力でしたが、教師による言葉などによる暴力だってあるんです。学校に訴えても、「指導します」で終わりだし。

その指導の結果もお粗末だし。

私たちは竹刀や箒やでっかい三角定規や素手で殴られ、うさぎ跳びをし、水を飲んだらいけないと言われ教師は特別ぐらいの時代したが、近年のいろんな状況(ゆとり世代の教員・子供・モンスターな親たち…)がある中で、部活の顧問をやってもらっているという弱みがあるのかもしれません。別な意味で特別になっているのかもしれません。

教員も頭がいいことに重きを見ないで、心身が健康な方を採用してほしいなと。

その種目で強い高校でキャプテンしてたからって、その人が良い監督になれるとは思いません。人として未熟な人に教えられる子供は可哀そうです。

子供たちは先生を選べませんから、不運だったとして諦めるには多感な時期の子供たちには可哀そうすぎます。

もちろん最初からパーフェクトな教師はいないでしょうけど。

ふと思ったんですけど、大学の教育課程で4年間を過ごして教員採用試験に受かった人は、1年間は自衛隊とかで訓練を受けるってのもいいかもしれない。

よその事件と捉えないで、真剣に向き合ってほしいと強く感じたニュースでした。

|

« ご褒美 | トップページ | 自己防衛中 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

木の葉様

続報を聞くにつれ更に呆れています。
バレー部の顧問が、処分を受けて処分が明けてまた体罰をしている事実を知りながら「次回は(教師が)更に厳しい処分(多分クビ)になると思って報告をしなかった」って。
バカ?って。
守るべきものが暴力教師で、子供たちじゃないって事が間違っています。

>信頼があれば体罰もなんて奴居ますけど、体罰を受けた時点で信頼は無いものと

私もそう思います。

DVと同じ。
恐怖が服従になって…です。
暴力をふるう人はある意味病気です。暴力をふるうことで快感を覚え、相手が服従するのを見て更に…なんで。

優れたプレーヤー=指導者ではない事は、プロ野球でもわかりますよね。メンタルな部分もフォローできる人じゃないとね。

身近に言葉の暴力で部活の子供たちを悩ませている、若い教師がいるんですよ。つまらないことでへそを曲げて、子供たちに練習させない、子供たちを無視する、暴言を吐く。見かねたほかの教師が、教頭に報告して一時は収まりましたが、また…なんですって。
このニュースを見ていた子供が「言葉の暴力だってあるんだから。やってることは同じだ」って。
多感な時期の子供たちには、これも人生の勉強だと教えるにはちょっと酷い話です。
市内で同じ種目の顧問やコーチをしている人たちも、目に余ると話していると聞いています。

悲しいニュースはもう聞きたくないですね。

投稿: うどん星人 | 2013年1月11日 (金) 10時33分

本当に。。。
残念です、無念だったろうとその子の気持ちが哀しい。。。
いっそのこと止めれば良かったのにと思う。。。
体罰で上手くなるはずがありません。
恐怖を与えて何になると思っているのかが、私には理解出来ません。。。
信頼があれば体罰もなんて奴居ますけど、体罰を受けた時点で信頼は無いものと。
叱咤激励はいくらでも出来る筈で、褒めたり慰めたり可愛がった上でですよね。

指導者は経験が無くても出来るとか言いませんか?
自分がやれるからといって、指導が出来るかは不明です。
今だに戦前戦後でもあるまいに、おかしな伝統がのこってるようで。

これについて記事に出来る事が素晴らしいですよ!
私も今日の話にすれば良かったと思った次第です。

投稿: 木の葉 | 2013年1月10日 (木) 17時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/48684017

この記事へのトラックバック一覧です: 水泉動:

« ご褒美 | トップページ | 自己防衛中 »