« 不調 | トップページ | 月曜日 »

ちいさいけど大きな思いやり

百日紅の花が咲きました。

百日紅の花の色は夏の空に似合います。

今更ながら、夏なんだと思います。

Dvc00509

百日紅で思い出したんですけど、自宅の近くの市役所の駐車場は、市街地の観光に行くのには便利な場所にあって、おまけに開放されているために、観光客も利用しています。無料ですし。

それは良いんです。

お盆は満車になります。

夜中に話し声や笑い声がやかましくても、我慢しています。

困るのは、我が家の百日紅の木の近くをトイレ代わりに使われる事。

人間そういう事をするときは、隅っこでしますから。

飲物の容器も隅っこに置いてあります。プンプン。

2週間ぐらい前から、使用済み紙おむつが置いてあるんです。

小さく丸めて。

そこまでできるんなら、持って帰って欲しいです。

市役所の人もその場所に車を置くのですが、気が付かないみたいで、置きっぱなし。

私も私の家族も気が付いているんだから、拾って捨てればよいのですが、その時にゴミ袋を持っていないし、たいていの場合てが塞がってるんです。

で、そこを通ることがあると、「まだある」と思うわけです。

家人は、娘が落としたんだと思ったそうですが、それは絶対ないです。

いつも持ち帰ってきていますから。

今日あれば拾います。

若い母親だと思いますが、そんな親に育てられる子供さんが可哀想です。

昨日の夕方ちょっと心があったかくなった話。

ご近所の2歳になったばかりの女の子がいます。

曾おばあちゃんに三輪車を押してもらって、お散歩から帰ってきたところに出会いました。

少し話していたら、うちの孫も娘に三輪車押してもらってお散歩から帰ってきました。

チビッ子同士、言葉が通じなくても楽しいようです。

うちの孫が、三輪車から出たくなって抱っこしろと言い出し、娘が抱っこしてました。

孫が立ちたがったので、アスファルトの上に。

そうしたら、2歳の女の子が自分のおうちの玄関に走って行ったと思ったら、自分の靴を持ってきてくれて、黙って孫に差し出してくれました。

はだしだから可哀想と思ったんでしょうね。優しいなぁ~

うちの孫は靴を持っているんですが、履かせると嫌がるんです。

で、お借りした靴も履かせたら脱がせろ~だったので、今度は自分の長靴持ってきてくれました。もうその気持ちが嬉しくて。

その次は大事にしてるアンパンマンのショルダーバックを持ってきてくれました。

親ごさんや祖父母さんや曾祖母さんの背中を見ながら育っておられます。

彼女の叔母さんと娘は一つ違いの幼馴染。

娘達が仲良く育ったように、孫達も育ってくれたらと思います。

その叔母さんも来月にはママになります。

繋がっていきます。

|

« 不調 | トップページ | 月曜日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

木の葉さま

本当に、教えなくても見てるんですよね。
だから、大人として気をつけなくちゃって思いました。
これがどんな場所であっても。

子供を見れば親がわかるってことです。

>優しくされてないと人にやさしく出来ないって、変ですけどそういうもんです

私の周りを見渡しても「この人は親に愛されて育っていないなぁ~」って思える人居ますから。
だから自分の子供に対してぎこちなかったり。

親が曲者だとその子供達も曲者だったりね。

投稿: うどん星人 | 2012年7月31日 (火) 09時37分

良いお話ですねぇ~!
抱きしめたくなりますよね。
小さくてもこういうことが直ぐ出来るのは、親御さんや周りの人がそうやって育てておられるからですね。
優しくされてないと人にやさしく出来ないって、変ですけどそういうもんです。

投稿: 木の葉 | 2012年7月30日 (月) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/46482879

この記事へのトラックバック一覧です: ちいさいけど大きな思いやり:

« 不調 | トップページ | 月曜日 »