« 今できる事。 | トップページ | 慈雨 »

エール

相変わらず北海道の大雪による被害の状況は酷いようです。

61157396_69

2006年12月の大雪の国道です。大和町河辺付近です。

この時は、通勤にも苦労しました。

ISOの審査があって、先の橋のところで事故があって車が道を塞いでしまって、とても焦った記憶があります。審査員達は、国道が麻痺しているのを知って高速で。

結果は、同着ぐらいでした。

道路がガタガタで胃がひっくり返りそうになりました。

しまいには笑えて来るほど。

今年は幸い一度も経験していません。

雪には慣れておられるであろう北海道の方達でしょうが、除雪には体力が必要です。

ほんのちょっとの玄関周りの除雪ですら、肩や腰が痛くなり腕もブルブルします。

その何倍もの作業量が毎日毎日。

うんざりだと思います。

屋根の雪下ろしだって危険です。

郡上でも、大和以北では雪下ろしをします。

雪を落とす時に一緒に落ちて怪我をしたり、瓦やとたんで滑ってしまったり。

独居のお宅や、高齢者だけのお宅は解けるのを待つしかなかったり。

建具が雪の重みで、きつくなったり。それだけで済めば良いですが、雪の重みで柱が折れたら、惨事です。

ボランティアや請負で屋根の雪下ろしの話がありますが、危険だし除雪の時に屋根瓦割ってしまったり・・・。なかなか気軽には出来ません。

無事に屋根の雪を下ろしても、今度は下ろした雪の運搬作業。

はらはらと降る様や、銀世界は美しい風景ではありますが、時に牙を見せ「白い悪魔」になるんですよね。

北海道の皆様、負けないでくださいね!

個人的に北海道の空知地区の建設業の方達と交流があるので、他人事とは思えません。

どうぞ、怪我や事故に注意して空知のために除雪作業頑張ってくださいね。

郡上よりエールを送ります。

|

« 今できる事。 | トップページ | 慈雨 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/43800871

この記事へのトラックバック一覧です: エール:

« 今できる事。 | トップページ | 慈雨 »