« 大災害 | トップページ | 前を向こう。 »

落ち着いて

とんでもない甚大な被害。

言葉がありません。

途方にくれておられる方たちに何か出来ることはないのかと、TVを見ながら考えていました。

私が書きたいと思っていた事がすべて書かれていたブログ、許可を貰う前ですが転載します。(K森さんごめんなさい)

以下、K森さんのブログから抜粋転載です。

電力会社からという節電を依頼するチェーンメールがたくさん来ています。
電力会社からそのようなメールは送られるはずはありません。
チェーンメールに荷担すること内容ご注意ください。
節電することは当たり前。
チェーンメールが大量に流れることで、それだけネット上に無駄な情報があふれます。

被災地をカバーする電力会社を利用している方ですが、節電もピーク電力量を減らすことに協力してほしいようです。
待機電力を減らすことはもちろんですが、夜間の暖房のワット数を減らすことにも
協力してほしいようです。

何か送りたいとお考えの方、まず輸送がままならない状況では無理です。
県庁あてに送ることも十分情報を収集してそれを受け付けることを始めたというニュースが流れてからにしましょう。

また、送ることが可能になった場合でも、いろいろ積めて送ることは止めましょう。
送った先で仕分ける作業が発生します。
単品で、外側に何か分かるように書いて送りましょう。
また重さも考えましょう。
大の男しか持てないような箱は困ります。
衣類を送る場合は新品にしましょう。
古着はゴミとなるだけの場合が多いそうです。

寄付金も十分信頼出来る先に送金しましょう。
日本赤十字社がベストという意見もあります。
寄付金が100%寄付されるそうです。
ネットでクリックするだけで募金というところも注意しましょう。
すでにネット詐欺が出てきているようです。

取り急ぎ、情報提供まで。

◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◇◆

正しい情報に基づき、自分達ができる事をしようと思っています。

一人でも多くの方が救助される事を今は祈りたいと思います。


|

« 大災害 | トップページ | 前を向こう。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ネットというものは この世の情報、知識、思考回路、人の生き方、犯罪、政治、世界平和、他 
善悪のなかで 答えがでるかもしれない
ネット詐欺は 怖いですし ネットそのものを悪くしてしまう。
ネット世界が 良い意味で 発展するためにも被害者になってはならない。
ネット活用研究会(名前検討中

投稿: 村石太星人&ぶっちゃけ隊 | 2011年7月 8日 (金) 17時24分

木の葉さま

何かできる事があれば!と思ってついチェーンメールを回してしまうのでしょう。
でも、よく考えてからお願いしたいです。
せっかくの善意の気持ちです。
正しく形になる方法がありますから、是非行動して欲しいと思います。

今のところ東海地方は影響が出ていませんが、人事とは捕らえず冷静に行動しようと思っています。

メディアの情報の取扱はもう少し配慮が欲しいです。

投稿: うどん星人 | 2011年3月15日 (火) 12時03分

K森さま

ありがとうございます。
助かります。

私達でもできる事があると思います。
一人ひとりが力を出せば大きな力になるように思えます。

正しい情報が大事ですね。

投稿: うどん星人 | 2011年3月15日 (火) 11時58分

そうですよね。
今すぐ何かをは現地では大変になるだけです。
長い期間その気持ちを今だけではなく維持して下さる方が良いのではと思います。
でも…メールを流してる人は本人は良いつもりなのでしょうか。
それに惑わされる人もまた私には良く分からない…。
情報を知りたい人に国が情報をきちんと出さないから?
東京電力の説明にも、いらつきましたけど。
停電の件も暫くは生活に影響が出るような、まだ知らない人も居るんですもん。

そちらでも、まだまだ色んな事に影響される事と思います、頑張って下さい。

投稿: 木の葉 | 2011年3月15日 (火) 07時12分

いつもお世話になります。
許可などというほどのものではありません。
間違いのないと思う情報のみ載せたつもりなので。
郡上の田舎から何が出来るのでしょうね。
先は長いのでそう焦らず行きたいと思います。

投稿: K森 | 2011年3月14日 (月) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/39221663

この記事へのトラックバック一覧です: 落ち着いて:

« 大災害 | トップページ | 前を向こう。 »