« 大寒 | トップページ | 月曜日 »

リスクアセスメントっぽいこと。

暖かい日になっております。

屋根の雪下ろしで休む宣言をしておられた専務が出勤。

理由は、「屋根の雪が硬くて、作業が出来ないから。」という事でした。

午後近くになって、暖かくなってから退社されました。

今頃頑張っておられると思いますが、一人での作業なので要注意です。

全国でも、除雪作業中に怪我をされたり亡くなられる方が多いようです。

屋根から落ちて雪に埋まってしまったり、骨折したり。

いつも冗談半分で「無事かどうか定期的に携帯に電話入れましょうか?」と話しています。

専務も「もし落ちて動けなかったら、電話するから救助に来てくれ!」と。

奥様が携帯の電波の届きづらい場所におられるので、確実な場所に連絡ですね。

そんなことがないことを願いますが、万が一の時の連絡方法などを確認しておくとか、今日はどういう作業をしますとか、誰かに一報を入れておくのもお勧めです。

現場でも一人での作業の時は心配です。

以前、作業員の人が土管のなかで作業をしていて、薄暗くなってぼちぼち終わろうかなぁ・・・と、外に出たら数人いたはずの作業員が一人もいなくて、みんな帰ってしまっていたことがありました。

もし、何か起きていたらと思うとぞっとします。

責任者は失格だと思います。

他の人も「作業が終わったから帰るぞ」とか「手伝おうか?」とか何かかける言葉があるはずですよね。幸い当事者の方たちはもう退職されているので、最近はそんな話は聞かれなくなりましたが。

現場の人たちは、私がいるうちに事務所へ寄ってタイムカードを押して帰って行かれます。

帰りが遅いと心配なので、「もうすぐ来ますか?」電話を入れて無事を確認するようにしています。

春になって、ダム道路の現場が雪が融けて作業が始まるとまた心配になります・・・。

まだまだ雪がたっぷりの郡上大和です。

|

« 大寒 | トップページ | 月曜日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/38554016

この記事へのトラックバック一覧です: リスクアセスメントっぽいこと。:

« 大寒 | トップページ | 月曜日 »