« ニューヨークウエーブ | トップページ | どうなってるのだろう。 »

歓喜の影で

昨日は朝から日本の裏側のチリの落盤事故の救助風景が実況されていました。

お昼前にラジオで最初の一人が地上に生還したことを知りました。

「良かった・・・」と。

夕方自宅でニュースを見ながら、もらい泣き。

やはり、映像を見るとね。ぐっときます。

昼間にちらっと見たネットのニュースで「日本も人道支援としてすばらしい技術をもつゼネコンや自衛隊を早期に派遣していたらもっと早くに救助できていたのではないか政府の対応が・・・」と苦言を呈していた政治家の意見を目にしました。

後から思うのは簡単。

だったら、そう思った時点で力強く提案したのかしら?と。

アメリカのNASAが早い段階で援助しています。

日本も企業レベルで地下からの映像を写した小型カメラとか、臭わない下着とか服とか靴下とか他にもあるようですが提供していたそうです。

わらわらと大勢で押しかけてもかえって迷惑だったかもと思います。

できるところをフォローする、それで良いのではないかと。

そんなチリが歓喜で沸いているとき、今朝の全国版のニュースでも流れていましたが、郡上市内の下水工事現場で死傷者が出てしまいました。施工業者は、弊社も交流のある会社です。おとといも電話いただいてたし。

他人事ではありません。

朝のミーティングでリスクアセスメントをいつもより丁寧に行い、一人ひとりが気を引き締めて現場に向かったと思います。

安全な現場がなにより大切です。

安全に施工できるということは、細部にわたってきちんとできるということ。

だからこそ、いい仕事ができるんだ。といつも専務が話しています。

残されたご遺族の気持ちを考えると、胸がつぶされそうです。

心よりお悔やみ申し上げます。

今日も一日安全に・・・。

|

« ニューヨークウエーブ | トップページ | どうなってるのだろう。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

木の葉さま

また女子高生が崩れてきた壁の下敷きになって命を落としてしまいました。
なんとも怒りすら沸いてきます。
創業以来事故はなかったと社長さんも憔悴しきっておられました。
でも、第三者に対する被害は安全管理に不備があったとしか思えません。

チリの方たち、本当に良かったと思います。
これ以上長引いていたら、健康状態が悪くなって大変なことになったと思います。
いろいろ批評もあるでしょうが、結果オーライで皆さんが生還されて良かった。

投稿: うどん星人 | 2010年10月15日 (金) 15時01分

工事中の事故はなんとも胸が痛みます。。。
気をつけてはいると思うのですが…。

チリの救出は感動ものでした!
遠くから拍手を送りましたね(*^。^*)
クリスマス頃がこの速さで終われたことには先ず良かったと思います。色んな手助けも、何だか感動しますよね。無事に終わって良かった! ヽ(´▽`)/

投稿: 木の葉 | 2010年10月14日 (木) 16時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/37226734

この記事へのトラックバック一覧です: 歓喜の影で:

« ニューヨークウエーブ | トップページ | どうなってるのだろう。 »