« サイバー攻撃? | トップページ | 朝顔 »

郡上踊り発祥祭

11日の土曜日、郡上踊り発祥祭へ行ってきました。

前日までの激しい雨が去って踊り日和でした。

今年は、メモリアルの年。

戦国時代末期の永禄2年(1559)、遠藤盛数によって砦が築かれたのが郡上八幡城のはじまりです。その後稲葉貞通、遠藤慶隆の興亡を経て大普請され、寛文7年(1667)6代城主遠藤常友の修復によって、幕府から城郭として格上げされました。

のちに井上氏、金森氏と相次いで入部。宝暦5年(1755)大規模な農民一揆がおこり、12代城主金森頼錦は、お家断絶に追い込まれるというわが国の歴史上、最も壮絶な一揆が展開されました。

金森氏に代わって、宝暦9年(1759)に丹後の宮津から転封した青山幸道は城下の殿町に居館を築き、旧二の丸は本丸、旧本丸は桜の丸、松の丸に改められました。

郡上市HPより。

八幡城築城450年。

1青山さまが13代城主になられてから250年の年だそうで。

青山家から子孫のご夫婦が参列されていました。

東京の青山の青山さまです。

Dsc_1386

神事。

Dsc_1392

これが有名な宝暦義民の傘連判状。

誰が言いだしっぺか判らないように農民達の名前が書かれています。

Dsc_1389

カメラを持った関係者?

気になりました。

Dsc_1394

ここにも・・・この子は派手な靴下はいていました。

流行ってるの?

関係者なら誰か注意する人いなかったのか・・・。伝統行事ですから・・・。

Dsc_1396

会場の横の橋の上から。

裏の顔です。

玄関から見ると不通の2階建てですが、裏から見ると・・・。

狭い土地の有効活用です。

私が生まれた家も地下部分にキッチンや水周りがありました。

Dsc_1399

ここから飛び込みます。

前日までの雨でごぉごぉ流れていました。

ヒンヤリした空気が心地よいです。

暗くなって出直してきました。

屋形が町の中を行列と一緒に会場までパレードしてきたそうです。

老若男女&いろんな国籍の人たちが踊っておられました。

数分後とに踊りの輪がどんどん広がっていきます。

岐阜大学の留学生さんたちが国際友好協会の招きでホームステイ中で金髪の可愛い男の子発見♪

姪っ子も実家に来ている韓国人のお姉さんと踊りの輪の中にいました。

Dsc_1428

一本下の橋からお城を望みます。

Dsc_1430

どこからでもお城が見えます。

Dsc_1432

こんなのぼりを発見。

Dsc_1433

お店の前にはこんなのが。

あちこちにあります。

モチーフはお城にも展示されている『金の土瓢』だと思います。

こちらhttp://www.gujohachiman.com/kanko/

の郡上踊りをクリックしていただければ、郡上踊りをバーチャルで楽しんでいただけるかと。

『かわさき』をご覧下さい。歌詞に出てきます。

土曜日は夕方から観光客気分で自分の住む町を楽しみました。

特命(笑)が終わったので、一緒だった方と3人で水分補給。

地域活性に繋がる音楽の話で楽しい時間を過ごしました。

11月にまた、楽しい企てがあるそうです・・・。

|

« サイバー攻撃? | トップページ | 朝顔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/30526578

この記事へのトラックバック一覧です: 郡上踊り発祥祭:

« サイバー攻撃? | トップページ | 朝顔 »