« まだ、水曜なのね。 | トップページ | 頑張れ! »

ミシュラン?

今日も強風。

あ~~ん、花が散る。

事務所内もスースー寒いので、ストーブ点火。

加湿器もON。

昨日の朝のことです。

新聞見てて週刊誌の公告のところで、見慣れた名前を発見

これは、読まねば・・・買わねば!

と一人でにたにたしてましたら、当然ですがこちらにも。

帰りに、近所のコンビニにて購入。

目指すは本のあるところ。

2人の男性が立ち読み中。

ざっと見ても、週刊文春がない。

それ系のがない。あるのは漫画と成人向けと女性誌・・・・。

他へ行こうかと思いつつ、もう一度見たら、本の陳列台に密着気味に立ち読みしている男性のお腹の当りで1冊発見。

お金を出して買おうとする人の邪魔はどうかしら?

そういう人って立ち読み専門なんでしょうね。

立ち読みは否定しませんが、徹底して買わずに読む人は嫌だなぁ。

買った人が手にした本はその時点で中古のような気がするんですよ。

気分の問題だけど。

それはそれとして。

本題の江さんの書かれた『ミシュランさん』の事。

桃知さんのブログから江さんとの往復書簡を読んでいただけると更に良く判ります。

本のなかで、京都の祇園ささきのご主人とミシュランの調査員との対話の中で、調査員の資質について書かれています。

『・・・鮎は郡上八幡の鮎を使っています。』という佐々木さんの発言に対して、『それってどんな鮎ですか?』と聴かれたそうで。

郡上八幡で釣られた鮎と言う意味を解さず、鮎の種類だと思ったようですね。

ってことは鮎と言う魚のことを全く知らないのね。

ってか、都会の高級料亭でだされてるんですけど。

郡上八幡の住民といたしましては、自慢の鮎がミシュランの調査員に知られてなかった事が残念です。

こんなんだったら、養殖を『これは、東京の高級料亭で出されている天然ですよ。』として呈しても気がつかないだろうな・・・。

もしかして、☆☆☆かも♪

養殖といっても揖斐の方で養殖されている鮎は、地下水のみで養殖されてて限りなく天然に近い品質なんです。

浅く広い知識の中で、ジャッジしようとしている事が、京都の伝統・文化・歴史を当たり前に重んじる人たちに対してとても失礼じゃないかしら。と思うわけです。

高級じゃないと星がつかない?

愛すべき郷土料理が脈々と現在に伝わっていることの意味なんて、爪の先も考えようなんて思っちゃいないでしょうね。

まぁ、どうでも良いですが。

日本の文化は地方にある。納得です。

京都の一見さんお断りについても納得。

興味を持たれた方は、買って読んでくださいね。

|

« まだ、水曜なのね。 | トップページ | 頑張れ! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/29250618

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン?:

« まだ、水曜なのね。 | トップページ | 頑張れ! »