« 本日も晴天なり | トップページ | 筋肉痛 »

2回目 『Away from har』

珍しく更新2回目。

昨日の夜観たDVDのご紹介。

Away from har 君を想う』カナダの映画。

初老の夫婦のお話。

美しい妻と2人で湖畔の家で静かに暮らす、元大学教授の夫。

妻がアルツハイマーに。

施設に入る決意をした妻。

妻の選択に悩む夫。

もしかしたら、若い頃女性問題で妻を苦しめた報いなのか・・・私を試しているのか・・・。

『毎日きちんと着飾るわ。』と玄関先の鏡に向かい、きりっと紅をひく。

施設に入った妻は、決まりで1ヶ月は会うことが出来ない。

1ヶ月経って逢えた妻が寄り添うのは見知らぬ車椅子の男性だった・・・。

と、まぁ、色々あるんです。

妻のフィオーナを演じている、ジュリー・クリスティーの美しいこと。

スタイルも抜群。演技も素晴らしかったです。

夫の苦悩、妻の混乱がとても美しい自然を織り交ぜながら淡々と描かれていました。

観終わった後に交わした言葉。

『重いなぁ・・・でも、良い映画だった。』と。

家人は観ながら『もし、お前がああなったら・・・』とわが身に置き換えて観ていたのだそうです。

もし、私がアルツハイマーに罹ったら・・・アルツハイマーは本人には新しい事を記憶する事が出来ないのだそうですが、幸せだった記憶の中で生きていける事は幸せかも・・。

でも、甦る古い記憶が嫌な事ばかりだったら悲しいですね。

車椅子男性の奥さんの言葉の中で『遠くに住む息子(一人っ子)が、いつも最新の電化製品を送ってくるのよ。そんなことするより、一度会いに来てくれたらどんなにか嬉しいのに。』さりげない一言でしたが重い言葉でした。

観ようによっては暗い避けたい話ですが、心に響く良い作品でした。

|

« 本日も晴天なり | トップページ | 筋肉痛 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/27864130

この記事へのトラックバック一覧です: 2回目 『Away from har』:

« 本日も晴天なり | トップページ | 筋肉痛 »