« 激 | トップページ | ハッピーって・・・。 »

恋慕渇仰

俳優の緒方拳さんが亡くなられましたね。

ついこの間、番組の記者会見でお話されていたばかりなのに。

お痩せになったなぁ・・・とは感じていましたが。

力尽きるまで目一杯生きられたのですね。

15年ぐらい前に、親世代の知人に誕生日のプレゼントで頂いた本があります。

081009_125125

緒方さんの書かれた本です。

頂いた時に読んで、亡くなられたと聴いてから読んでみました。

若い頃には、良い本だとは思いましたが、読み直したら心にすーっと沁みてきました。

風のガーデンの完成記者会見の時の『人は老いて行くし、死んでいく・・・』と、一言一言噛締めるように話されていたことと繋がるのです。

今夜は、遺作になってしまった『風のガーデン』というドラマをじっくりみようと思います。

この作品も、死を前にした私と同年代の医者が主人公の話です。

同じように、金木犀の香る季節に子供を遺して逝ってしまった弟と重なるかもしれません。

緒方さんが著書の中で書かれている、『死ぬということは残った人の中に生きるということだ。自分の中に、逝った人々を生かし続けるということだ。』という言葉が、湖に投げられた石のように波紋が広がっていきます。

|

« 激 | トップページ | ハッピーって・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/24380438

この記事へのトラックバック一覧です: 恋慕渇仰:

» 緒方拳 [なつみの日記]
【訃報】緒方拳、死去!『風のガーデン』で最後の名演技を navicon [ナビコ... [続きを読む]

受信: 2008年10月 9日 (木) 18時04分

« 激 | トップページ | ハッピーって・・・。 »