« お帰り~♪ | トップページ | 雨 »

ノルウェイの森

おはようございます。

雨あがりの大和です。

今日は、早めの更新です。

誰も居ないし、今日は自分の仕事三昧(予定)ですから比較的余裕(本当は背中に火が付いてカチカチ山ですが…)です。

昨日と一昨日と家人の帰りが遅かったので自分の時間が持てました。

なので、読書。

081023_080332

今更『ノルウェイの森』です。

何で今まで読まなかったのかなぁ…と。

娘からの貸し出しです。

娘が留学時の年下の男子から『これ、読んでみて』と貰った本だそうで、娘はまだ読んでませんが、『読む時間がないから』と、貸してくれました。

上下ともすんなり読めました。

プラトニックな恋と現実的な恋の狭間を過ごした『ワタナベ君』が『我々』と呼ぶ女性達と過ごした濃密な大学生活の話。

読み物として楽しませてもらいました。

柔らかすぎず硬すぎずといった感想です。

でも、状況がまるで映画のように浮かんでくる様はさすが村上春樹だなぁ・・・と。

良い時間を過ごしました。

さて、これから硬いマニュアルを読みながら、私の仕事を開始します。

今日がよい日になりますよう。

|

« お帰り~♪ | トップページ | 雨 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

UDON2さま

若い頃にも読んでおけばよかったと思いました。

登場人物、皆が切ないですよね。
生について、性について考えさせられました。

エロティックな記述がとても多いのですが、いやらしさが感じられない不思議な文章ですよね。

映画の主人公かぁ…。
浮かんできませんね。
できれば、イメージ壊さないで欲しいですが。(笑)

投稿: うどん星人 | 2008年10月23日 (木) 13時03分

ほんと、村上春樹の小説は読んでいると映画のように情景が浮かんできます。
『ノルウェイの森』はかなり昔一度読んでいたものの、最近になって再読したら、まるで別の小説のように感じました。
おまけに切なくて.....
上巻をよんで、下巻は次にしようと思ったのに、ついつい時間も忘れ続きを読んでしまいました。

この小説の映画化の話があって、主人公の役を誰にするか、という話題が少し前にあったけど。
海外でもかなりの国の言葉で翻訳出版されていますね。

投稿: UDON2 | 2008年10月23日 (木) 12時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/24687651

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイの森:

« お帰り~♪ | トップページ | 雨 »