« 上昇中 | トップページ | 自己分析 »

9年

日に日に若い緑が美しくなってきました。

腕まくりの人も増えてます。

事務所も、ぼちぼち暑くなってくる時間です。

今日、山口県光市の殺人事件の差し戻し控訴審の判決公判がありました。

9年もの間、被害者のご主人は戦ってきました。

23歳といえば、いろんな事に夢を持ち、生まれたわが子の行く末を楽しみに、若い夫婦は毎日が輝いていたでしょうに・・・一人の少年の憎むべき行いによって全ては消えてしまいました。

たった11ヶ月しか生きることができなかった、夕夏ちゃん。

生きていたなら、小学生。

もし・・・もし・・・といろいろ思えば思うほど、悲しいし、悔しいし憎いと思います。

毎日そんな気持ちで、ご主人は9年間生きてこられたのかと思うと、胸がつぶれそうです。

人生の素敵な時期の全てを命を奪われた愛する人の為に、人を憎んで生きてこられたのです。

命を奪われたお2人のご冥福を祈ると共に、ご主人の今後の人生のなかで、少しでも幸せと感じられる日が来ることを祈る事しかできませんが、今後こういう悲しい事件が起きない世の中にするのが、私たちができることだと思います。

毎日、凄惨な事件のニュースが聞かれない日がなくなってきました。

今一度、人の命の重さをひとりひとりが心に刻むこと。

相手の立場に立って考えること。

人を憎みながら生きていくことの苦悩。

考えがまとまりませんが・・・誰かを愛してください。

そんな言葉が浮かんできます。

中途半端ですが・・・また、明日。

|

« 上昇中 | トップページ | 自己分析 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢さま

いろんな裁判がありますが、この裁判はなんか胸に迫るものを感じますよね。

ご主人の真っ直ぐな眼差しを見るにつけ、犯人の言い訳には憤りを感じていました。
ご主人は死刑を肯定するわけではない・・・とおっしゃってますよね。
真実を語り、心から詫びてほしいのだと思います。

本当に嫌な世の中になっています。
犯人はもちろん一番いけないのですが、その土壌を作った周りにも責任があると思います。

投稿: うどん星人 | 2008年4月22日 (火) 16時54分

判決だけを聞いて、なぜか涙があふれそうになりました。
それが戦ってきたご主人に対するものなのか
なくなられた母子に対するものなのか
死刑判決を言い渡された被告に対するものなのか
自分でもはっきりとわからず戸惑いました…

簡単に人を殺める時代になってしまった…
こんな世の中、誰も望んではいないでしょうに…

投稿: お嬢 | 2008年4月22日 (火) 16時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/20471788

この記事へのトラックバック一覧です: 9年:

« 上昇中 | トップページ | 自己分析 »