« | トップページ | 愛すればこそ »

昨日、久しぶりにお稽古事に行ってきました。

私の普段の生活は、判で押したような暮らしぶり。

自宅 ⇒ 会社 ⇒ スーパー ⇒ 自宅

途中寄り道といえば、実家へ寄って今月1歳になる姪っ子に癒してもらうか、ドラッグストアへ立ち寄るぐらい。

スーパーでも滞在時間も短い。

人との交流が少ないんです。

お稽古事へ行くと、いろんな話が聞けるんです。

はい。

昨日聞いた良い話。

左官屋さんの話。

地元に優れた技術を持つ左官屋さんがいらっしゃるそうで、50歳ぐらいの方で鏝(こて)で壁に絵をかかれるのだそうです。

その技術が素晴らしいということで、明日か明後日にTVで紹介されるらしいです。

師匠のお宅のご近所にもあると伺ったので、帰りにチラッと見ましたが、真っ暗でした。残念。

しかし、日本人って素晴らしい技術持ってますよね。

郡上にも藍染・紬をはじめとしていろんな工芸品があります。

昔は、家具は全部指物やさんにオーダーメードでしたしね。

母の嫁入り道具の、箪笥達も未だに現役です。素晴らしいと思います。

箱段と呼ばれる、階段と引き出しや戸棚のハイブリッドもどこの家にもありました。

発想が凄いですよね。デットスペースをうまく使っています。

これが骨董品として高く売買されてるんですよね。

ものを大事に使うことが、自然体のエコだったのかも。

燃料費の高騰をきっかけに、みんなもいろいろ考えてみるのも良いかと。

こちらの写真見てて感じました。

八幡小学校もこんな感じでした。

掃除真面目にやらないから、ピカピカじゃなかったけど。

|

« | トップページ | 愛すればこそ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140757/10288348

この記事へのトラックバック一覧です: :

« | トップページ | 愛すればこそ »