« 白洲次郎さん | トップページ | 自然の恵み »

待ち遠しい

昨日は3月下旬並みの陽気だったそうです。

確かに日差しがほかほかしてました。

そのせいか、放射冷却で今朝は良く冷えていました。

風もなく暖かそうです(一歩も出ていませんから・・・)。

寒くないのは良いことですが、やはり地球温暖化を無視することは出来ませんね。

年末に膨らみかけた、蘭の蕾は休みの間に開くこともなく待っていてくれました。

P1093030

花びらの先が淡くピンクなのが、なんとも可愛い。

蕾が次々に出来ています。

P1093031

大きな蕾も待っています。

P1103036

二つの鉢。

手前がきっと黄色。

奥のは濃いピンクの花が咲く予定です。

今年は白いのが今のところ蕾を出していません。残念です。

株分けで根が傷んでいるようです。来年に期待です。

毎年、この頃がとても楽しみなんです。

このために一年間、水をやったりしてるんですから。

戸外の木も小さな葉っぱが見えています。

冬の寒さを耐えて、春を待つ。けなげさが何とも。

自然から人生を教えられてますね。

現実逃避中・・・。半期分の環境ISOの進捗報告を作成中なんですが…。

逃げてばかりじゃいけません。

立ち向かうとしま~す。

|

« 白洲次郎さん | トップページ | 自然の恵み »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お嬢様

年に一度しか出会えない花ですしね~。
とっても楽しみなんです。

大きな蕾がほころんでました。
週明けには、開いてるかなぁ~。
アップしますね!
また見てくださいませ。

投稿: うどん星人 | 2008年1月12日 (土) 20時02分

毎年、こちらのブログで花を見させてもらって「ほぇ~」っとなります。(笑)
大事に育てられ、毎年花を咲かせ、それを見られて癒されています♪

投稿: お嬢 | 2008年1月12日 (土) 17時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 白洲次郎さん | トップページ | 自然の恵み »