« 十五夜お月さん | トップページ | 月末。 »

ちょっと思ったこと。

今朝、ニュースを聞きながら感じたことを書きます。

最近いろいろ物議をかもし出している相撲協会の話です。

名古屋場所開催中の愛知県で若い力士が命を落としました。

当初から単なる心不全ではないのでは・・・といわれていた事件です。

そのなかで、ふと、そういえば良く見る相撲部屋の稽古の様子の中で、親方が竹刀を持っていること。

竹刀は誰もが知っているとおり、剣道の武具です。

親方は竹刀を持っているからといって、素振りをするのではありません。

何の為に持っているかといえば、人を叩く為です。

剣道をする為の竹刀は、剣道で使えば武具ですが、それ以外で使うのは凶器ではないかしら?って思ったんです。

剣士にしてみれば神聖なものです。

例えば、測量に使うミラーのポールで人を叩いたら有無を言わせず事件ですよね?

力士の養成のためにビシバシ叩いたりしごくのは『かわいがり』というのだそうですが、私からしたら体罰のように見えます。もちろん精神力を培う為には必要なのかもしれませんが、加減というものがあると思います。昔はしごきにも節度があったのかもしれません。

子供の喧嘩にもそれなりにボーダーラインがありました。

親子喧嘩にも。

どうなっちゃうんでしょう…。

|

« 十五夜お月さん | トップページ | 月末。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

悪魔様

リセット…も、あるでしょうね。

命のリセットは出来ないのにね。
核家族化や死は病院で迎えるものになってしまったことで、死が密室化されて身近でなくなってしまったのかも。

命の重さを勉強しなければわからないなんて…。

投稿: うどん星人 | 2007年9月27日 (木) 17時31分

どれもこれも、
リセットすりゃやり直しが出来るところから来る弊害なのでしょうか?
核家族化の影響なのでしょうか?

投稿: 悪魔 | 2007年9月27日 (木) 17時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 十五夜お月さん | トップページ | 月末。 »