« お散歩 大覚寺 | トップページ | へくしょん。 »

鬼はキュート。

おはようございます。

肌寒い曇りの朝です。北の方には青空も見えています。

現場も稲刈りが順次終わってきて、やっと乗り込みです。

なので、事務所はシーンとしています。

京都シリーズ。東寺編。

Dsc03652

京都のシンボルですね。

東寺は延暦15年(796年)に創建され、最初に金堂が建てられたと伝えられている。

 金堂は弘仁14年(823年)に嵯峨天皇から空海(弘法大師)に与えられたと伝えられており、東寺が本格的に活動を始めたのは、空海がこの寺に入ってから後であるとされている。その意味で弘法大師信仰の強い寺である。なお、境内は国史跡
に指定されている。

 この寺の正式名称は「教王護国寺」であるが、通称名である「東寺」のほうが一般にはよく知られている。

だそうです。

広大な敷地の中には高校もあったりします。

偏差値が高いことでも有名な洛南高校。

今からおよそ1200年前、日本文化の父といわれる弘法大師が庶民のための教育の場として創られた日本最初の私立学校「綜藝種智院」にまでさかのぼることができます。その後、永い歴史の中で受け継がれてきた大師の建学の精神にもとづいて、1962年(昭和37年)、新たに「洛南高等学校」として発足。

なんだそうです。世界遺産のある敷地内に学校があるんですよ!

贅沢な環境です。

Dsc03650 鬼瓦

しかも、二段構え。建造物のひとつひとつに丁寧に作られています。

人の知恵と工夫の手作りのものたちに、いちいち感動してきました。

Dsc03654

狛犬のようにも小鬼のようにも見えますが、汚れていて判別不能。

でも、重い柱をよっこらしょ。。。って持ち上げているように見えました。

遊び心なのか、何か意味があるのかは判りませんが・・・日本人って凄かったんですね。

古いものを見るたびにそう思います。

何百年も持つ建物を建てちゃうんですよ。

機械もなくて、重機もなくて、山の上にある城壁の石垣だって人力で作っちゃうんです。

ただただ、感動です。

|

« お散歩 大覚寺 | トップページ | へくしょん。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お散歩 大覚寺 | トップページ | へくしょん。 »